• 受託開発のご用命はコチラまで
  • 探し物が見つからない場合のご用命はポジティブワンまで
  • 見積もり依頼、製品問い合せはこちらまで
  • ポジティブワンNFCラボ
  • 技術サポート窓口
  • 特集&ソリューション
  • ダウンロード
  • 旧サイトはこちら

マルチコア向けトレース機能、マルチコアデバッグ、ISO 26262のテスト自動化の分野で新たな標準PLS UDE販売開始

2017年4月12日、ポジティブワンは、トレース機能、マルチコアデバッグ、SynopsysのVirtualizerシミュレータ、ISO 26262で必要なテストをサポートされたPLS製UDEインサーキットエミュレータの販売を開始いたします。

ポジティブワン株式会社は、SoCを利用したトレース機能、マルチコアデバッグ、テスト自動化の分野で新たな標準ツールPLSユニバーサルデバッグエンジン(UDE)の販売を開始いたします。

マイコンの世界では、複雑な異種ハイエンドSoCでの開発を簡素化が求められています。多くの追加トレース機能とデバッグ機能を備えたユニバーサルデバッグエンジン(UDE)の最新バージョンを拡張しただけでなく、テスト自動化を付け加えました。これにより、ユーザーは可能な限り少ない制約のなかで、最新のマルチコアSoC(System-on-Chip)を最大限のパフォーマンスを維持しながら活用できます。Power ArchitectureベースのSPC58 EシリーズとARM Cortex-Vシリーズのような幅広い異なるアーキテクチャと新しいデバイスファミリをサポートしています。

例えば、STマイクロエレクトロニクス社M7コアベースSTM32F7シリーズへの対応、Infineon社XMC4800デバイス(EtherCATを初めて搭載したARM Cortex-M4ベースのマイクロコントローラ)はInfineonの現在のAURIXデバイスのMini-MCDS(マルチコア・デバッグ・ソリューション)のライブラリで拡張されました。Xilinx社Zynq-7000ファミリ(デュアルコアARM搭載ARM Cortex-A9および追加FPGAトレースベースの測定タスクの定義のためのUDEのUniversal Emulation Configurator(UEC)をカバーすることにより、特別なエミュレーションデバイスによってのみ提供されていた診断可能性の一部が、現在生産チップで初めて利用可能になったことを意味します。この機能を使用するには、ターゲット上のJTAG標準デバッグインターフェ-スまたはデバッグアクセスポート(DAP)が唯一の要件です。

UDEのもう一つの大きな革新は、SynopsysのVirtualizerシミュレータプラットフォームのサポートがマルチコアシステムに拡張されました。したがって、UDEはAUIRX / TriCore、Power ArchitectureまたはARMコアモデルに基づくマルチコアシミュレーションのフロントエンドとしても使用できます。さらに、UDE内での永続トレース・ストリームの革新的なアプローチのおかげで、トレース・データのエクスポートとその後のインポート、およびコスト集中型のHiL(Hardware-in-the-Loop)ターゲット環境なしでのオフライン分析も可能になりました。自由に選択が可能な指定と正確なタイムスタンプを持つさまざまなトレース記録の管理は、デバッガのユーザインタフェースで直接行われます。シンボルおよびペリフェラル・レジスタの選択用のスマート・フィルタ機能は、大規模アプリケーションや非常に複雑なSoCでもナビゲーションを簡素化します。

UDEのMicrosoft Component Object Model(COM)ベースのソフトウェアインターフェースは、以前よりもさらに便利で強力なものとなっています。たとえば、マルチコアアプリケーションのロードやサードパーティツールによるブレークポイントの設定の可能性が大幅に向上し、簡素化されています。追加の全く新しい機能により、コード・カバレッジ測定の自動構成、実行、文書化が、独自のマクロと外部ツールの両方で可能になりました。これは、ISO 26262に準拠したソフトウェア品質を保証するためのテストワークフローの作成を効果的にサポートします。

UDE 4.6の完全なクロスデバッガ機能は、現在のEclipseバージョン4.5(Mars)およびCDT 8.7を含むEclipse環境内の独自のデバッグパースペクティブとしても利用できます。

ポジティブワンでは、複雑かつ最新のマイコンに適した開発環境として、PLSプログラマブルロジックアンドシステムの製品の販売およびサポートを行っていきます。

【PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH社とは】
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)社は、ドイツ・ラウタに本社を置く、組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F
URL  http://www.positive-one.com

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301